ロゴ画像
暮らしの中の陰陽五行
和ごころ茶寮 - WAGOCORO-saryo -

薬膳茶のお伴に「和ごころ茶寮」の五徳菓子をご賞味ください

●陰陽五行


陰陽五行


東洋医学と西洋医学
画像:http://shobido-kanpo.com より


東洋医学と陰陽五行の関連
東洋を起源とする伝統医学の総称をいいます。
身体の自然治癒力を引き出し、健康維持や病気の改善を目指す医学としています。
科学が発達していない時代に生まれた医学なので、人を自然の一部として、宇宙の一要素として考えるという思想に基づいています。

東洋医学的に身体を診る時の「ものさし」として、陰陽五行を活用しています。
東洋医学の考え方は「陰陽」「五行」が基本です。
「陰陽」と「五行」はともに古代中国の世界観で、この2つを合わせて「陰陽五行説」といい、漢方を含む東洋医学の根幹を成す基本的な考え方です。東洋医学は、この陰陽五行理論を根本に心身を診断治療します。


陰陽論
陰と陽とは、互いに対立する属性を持った二の気であり、万物の生成と消滅という変化はこの二つの気によって起こるとされている。
陽のなかに陰の要素があり、陰の中にも陽の存在をすでに擁しているとされている。


五行説1
和ごころ茶寮は、陰陽五行思想に基づいた開運カードを活用し、人生の流れとテーマを探り、本来持っている体質を知り、現在の体調を鑑みて、心と体を整えるために、飲むべき薬膳茶を教えてくれます。飲むべき薬膳茶のお伴の五徳菓子を提供しています。
五行説


五行説2
自然界にあるすべてのものを5つの属性に分けたものが「五行」。それに対して、人間の身体を性質と機能によって5つに分けたものが「五臓」です。「五臓」は、それぞれが持つ性質によって「五行」に割り当てることができます。

東洋医学の考え方は「陰陽」「五行」が基本です。「陰陽」と「五行」はともに古代中国の世界観で、この2つを合わせて「陰陽五行説」といい、漢方を含む東洋医学の根幹を成す基本的な考え方です。東洋医学は、この陰陽五行理論を根本に心身を診断治療します。

陰陽とは、宇宙の万物はすべて陰陽に分類され、心身もこのバランスが崩れると病気になります。五行とは、木・火・土・金・水の五つの要素のことで、五臓の肝・心・脾・肺・腎や五体としての筋・脈・肉・皮毛・骨などが属します。

これらのバランスの崩れも、また心身の病気へとつながります。この陰陽五行のバランスを整え、心身の自然治癒力を引き出し、その治癒力で症状を治してゆくことが東洋医学の根本です。

五行表


東洋医学と鍼灸
特に鍼灸では、ツボを結ぶ経絡に五臓の名がつき、押すと痛いところ・触れて気持ちいい治療点の属する経絡から、病気の原因を探ります。
五行の考え方がわかると、人のからだを相互に関連づけ、全体でひとつのものと捉える東洋医学を理解する大きな助けとなります。



お問い合わせはこちら
0120-009-358
受付時間 11:00~18:00(L.O.17:30) / 定休日 不定休